« Someone Else? | トップページ | You Always Walk Alone »

2007年7月 2日

彼の面、此の面

 NHK大河「風林火山」の感想。
 先週やってみて楽しかったので、これからは放送を見逃さなければ毎週やろうかと。
 ただ、普段あまりドラマなどは観ませんので、語ることは戦国好きの方以外には意味不明な雑感ばかりになると思います。どうか悪しからず。
 
 
■風林火山 第26回 「苦い勝利」
 
小山田信有フラグ立てすぎ!
 とにかく皆で様々なフラグ立てに終始しているような印象が残る回でしたが、中でもこの人がいろいろな意味で輝いていたのではないかと思います。
 実はあまり詳しく知らない武将だったのですが、砥石崩れが楽しみになってきましたよ。
 
 それにしても、小山田や相木といった地味目な武将にもしっかり見せ場がありそうなのが、このドラマの良いところだと改めて感じさせられました。
 おそらく最終回は第四次川中島の辺りになるのでしょうが、そこから先、できれば武田の滅亡くらいまでも是非何らかの形で観てみたいものです。
 川中島までというのは、いくらなんでも武田の物語としては短すぎますので。
 
 そういえば、風林火山紀行のテーマが二胡~フラメンコギターと来て、今回から上妻宏光さんの津軽三味線に変わりましたね。
 来月にはこの曲が収録された新譜が出るようで、こちらも楽しみです。

Music 蒼風

アーティスト:上妻宏光
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2007/08/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

■Izeさん撤退
 
豊富な単語群によるどこいつトーク、登録単語のひとこと解説、Webを利用した便利機能など、言葉さんは私に多くの影響を与えてくれたたゴーストのひとつです。
 日記などを拝見していると最近はお忙しい様子でしたし、やはり管理が大変だったのでしょうか。
 いつか言葉さんのVer.3と共に戻ってこられることを心待ちにしています。
 
 ひとまず、お疲れ様でした。

|

« Someone Else? | トップページ | You Always Walk Alone »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54954/7003645

この記事へのトラックバック一覧です: 彼の面、此の面:

« Someone Else? | トップページ | You Always Walk Alone »