« DOLPHIN☆JET | トップページ | FantasMic »

2007年7月23日

Spotlight Kid

 伏儀の更新。
 いつもお世話になっている畝傍さんの「侵されざる黒」へ切り替え反応のお返し。
 確か公開当初からこちらに対して付けていただいていたと記憶しているのですが、ようやく更新分がまとまり相互対応にすることができました。
 畝傍さん有り難うございます。いつまでも変わらない鋭意更新ぶりを是非とも見習いたいものです。
 
 あと、ついでに凡ミスを一件修正しました。
 斗月さん対応のどさくさで胸つつかれの反応がおかしくなっていたのに気付きましたので。
 動作確認を怠っていたようです。失礼しました。

 

■風林火山 第29回 「逆襲!武田軍」
 本当にこのドラマは誰も彼もキャラが立っていて素晴らしいですね。
 以前こんなように書きましたが、あれ以来、小山田や相木などは更に株を上げ続けていますし、前回と今回で主立った武将それぞれに見せ場があったため、人の顔が覚えられない私にも、ようやく家臣団の見分けがほぼ付けられるようになりましたよ。
 また、敵方もそれぞれ魅力的に書かれているように思います。
 今川、上杉や村上といった大物だけでなく、笠原、小笠原、高遠などの小物までも無駄に思えるくらいキャラ作りされていて、制作の方々のこだわりを感じられます。
 今回の「何度『おのれ!』と言えば気が済むのじゃ?」には大いに笑わせていただきました。
 
 さて、ニヤニヤしっぱなしだった中盤から一転、終盤では遂にあの名言が出ましたね。
 躑躅ヶ崎に城を築こうと言って板垣に諫められたこと、勘助から板垣を経て晴信に伝えられた「人こそ国」という言葉、すべてがあの場面に収束してくると思うと流石にグッと来るものがあります。
 ……亡霊の舞やトンボもまぁ、それなりに悪くない演出だったんじゃないでしょうか。
 個人的にCG演出はあまり好みでなく、正直ちょっと興が削がれはしたのですが、最近の大河ドラマにそれを言うのも無粋なんでしょうしね。 
 
 なにはともあれ、今回はいろいろと盛りだくさんでお得感のある回でした。

|

« DOLPHIN☆JET | トップページ | FantasMic »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54954/7238860

この記事へのトラックバック一覧です: Spotlight Kid:

« DOLPHIN☆JET | トップページ | FantasMic »